SLとは

 

公益社団法人SL災害ボランティアネットワークは、災害救援ボランティア推進委員会が主催する 「災害救援ボランティア養成講座」を修了し、セーフティリーダー(通称:SL)の認定を受けたメンバー による任意団体「SLネットワーク」を前身とする団体で、2013年4月に一般社団法人SL災害ボランティアネットワークとして発足。同年12月の設立総会を経て、SLの会員加入を開始。同年3月6日に公益認定を受け、現在に至ります。


活動目的

災害救援ボランティア養成講座の理念である「わが身・わが命・わが家は自分で守る」を実践する場として、首都圏での大規模災害に備えるために、SLの防災・減災の知識・技術の維持向上を図り、習得した知識・技能を地域に還元することを目的に活動します。また地域を超えた交流や情報交換をすることで「顔の見える」仲間を作ります。

名称 公益社団法人SL災害ボランティアネットワーク
設立 2013年4月17日
公益社団法人移行 2014年3月6日
会員数 661名(2019年12月31日現在)
所在地 東京都千代田区九段北1-15-2 九段坂パークビル3階
TEL:03-6822-9900  FAX:03-3556-8217 

【リーフレット】 ※画像をクリックするとダウンロードできます。

                           頒布物の「非常用炊出袋」は現在1セット22食分300円(税込)です。